妊娠中に整骨院に通うのは可能?

妊娠中に整骨院に通うことは可能でしょうか?
妊娠中の妊婦さんの身体はホルモンの影響で、腱が緩みやすく、骨盤が開き、お腹の重さの変化により、姿勢も今までと同じわけにはいきません。その結果、身体へ負担が今までと違い、腰痛や足のむくみなどの不快な状況に直面し、辛い思いをすることがあります。
そんな辛い症状をそのままにしていることの方が、赤ちゃんに悪い影響があります。なぜなら、母体が辛い症状をガマンしているのは大きなストレスになるからです。
妊娠中のストレスは厳禁です。妊娠中は副交感神経という自律神経が働かないといけないのですが、ストレスを感じることで、この副交感神経が働きにくくなってしまうからです。
副交感神経は、のんびり、リラックスする神経で、子どもをはぐくむ神経でもあります。
ですからストレスがあると、副交感神経に悪影響が出て、胎児に流れる血液量が減り、子宮は固くなりやすくなります。更にこのストレスが高じると、母体に抗ストレスホルモンが流れ、これがまた胎児に影響してしまうのです。
ですから、精神的なストレスはもちろん、腰痛や不快な症状、不安などは、出来るだけ早く解消するのが肝要です。
腰痛や足のむくみがつらいので整体に行こうと思っても、妊娠中に整体を受けてもいいのか不安になります。
また、妊娠中だということで、整骨院から断られる場合も多いのも現状です。
しかし、本当に妊娠中は整骨院に通うことはできないのでしょうか?
実際のところは、妊娠中にはそれに適した整体を行えばいいのです。
例えば、妊娠中はホルモンの影響で骨盤を支えている靭帯がゆるくなり、骨盤が不安定になります。そのため、骨盤をかばうために腰や股関節に負担がかかってしまいます。そこで、骨盤を無理が掛からないように調整し、うつ伏せにならない姿勢で股関節や腰椎(腰の骨)の調整やそれらを支えている筋肉を調整していきます。
また、自律神経の乱れには、自律神経を整える整体を行います。
これらは妊娠中でも可能な整体ですが、もちろんすべての妊婦がいつでも整骨院に通えるわけではありません。母子の状態をしっかり把握したうえで、整体を施しますので、専門家の指示に従いましょう。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。