出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。
出産後の整体は、骨盤・股関節・背骨を中心に全身に対して行いますが、出産直後ではなく、2~3週間後から行えます。
出産後に骨盤がゆがんでいるときに以下のような症状が出ます。
・1カ月以上たっても骨盤付近に力が入らない、入れられない。
・腰や恥骨付近、お尻が痛い。
・股関節が痛い、または股関節付近がつる感じがする。
・ちょっとした時間(20分以上)立っているのがつらい。
・足やお腹に力が入らない。

などです。
その上、出産は長時間痛みと向き合うため、尋常ではない疲労を蓄積することになります。
ですから、出産後は骨盤などの矯正と共に出産時の疲労を取る施術もしなければなりません。
もし休む暇もなくて疲労を取らずに、無理して育児を始めると、慢性的な腰痛や骨盤痛、また自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れで若年性更年期や自律神経失調症、産後うつ等を招くことになってしまうのです。
特に以下のような状況の方は、できるだけ早めに妊娠・出産の疲労をとる必要があります。
・近くに親族がいないところで出産したため、子供を他の人に預けられない環境にいる方。
・産休は十分にあるけれど、出来るだけ早く仕事に復帰しようと思っている方。
・なにごとも完璧に行う性格で育児も完璧に行いたいと思ってしまう方。
・もともとが虚弱体質の方。
・出産前から疲労を背負ったまま出産を迎えた方。

疲労が蓄積しすぎると、体の調整機能もストライキを起こしてしまいます。
そうなると、体の各部を調節している自律神経やホルモンが乱れて、不眠症・食欲不振・のぼせ・むくみ・アレルギー・ウツ症状・不安・集中力がなくなる、などの症状が出てくるのです。
疲労は悪化すると、色々な病気を引き起こします。
そうならないように、出産後ある程度経った時点で整骨院で身体をケア致しましょう。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。