小顔矯正で顔を引き閉める!

身体の歪みを矯正することにより、健康的なダイエットを目指すのと同様に、顔の骨の歪みを矯正することにより小顔矯正をする整骨院もあるようです。
通常、顔の輪郭を矯正するのは美容整形等の外科的な施術がメインですが、美容整体により、メスを使わずに輪郭矯正を行うことが可能なのです。
頭蓋骨、ほお骨、あごのかみ合わせを手技で根本的に矯正を図ることにより、輪郭矯正ができます。
基本的に頭蓋骨は23個の骨の集合体です。1個の骨から成っているわけではないので、ゆがみやすいのです。
23個の骨が少しずつ歪むと顔全体からすると大きな歪みになってしまいます。頭蓋骨や首の骨がゆがむと、周りの筋肉を圧迫させ、リンパや血液の流れが滞ってしまいます。その結果、代謝機能が悪くなり、顔に脂肪が付きやすくなるのです。その点、輪郭矯正により歪みをなくすことができれば、ぱっと見て明らかに変化が判る効果が出ます。
自分の頭蓋骨に歪みがあるかどうか、下記の項目で簡単にチェックができます。
1.鏡に向かって、自分の左右の目じりのところにそれぞれ指をあてると、左右の高さが違う
2.食べ物をかむとき、左右のどちらか一方の歯ばかりを使っている。いつも片側だけでかむ癖がある
3.口の両端を結んだラインと両目を結んだラインを見比べたとき、平行になっていない
4.左右の頬骨の高さが違っている
5.毎日、顔がむくみやすい
6.奥歯を意識すると、しっかりとかめていない

以上の項目に一つでもあてはまると、歪みがあります。

歪みが気になる人が小顔矯正を行う美容整体師のところで施術を行った結果、「目がパッチリした」「顔がやせたと言われた」「くま、たるみ、むくみがとれた!」「若く見えるようになったと言われた」「血行が良くなり、化粧のりが良くなった」等の成果が出ています。
実際には個人差があるのでしょうが、基本的には頭蓋骨を動かすことで筋肉が引きあがって若返り、顔の面積が小さくなった分、相対的に目が大きく見え、卵型の小顔を実現できるのです。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。