腰椎捻挫の症状から怪我を判断

中腰などの不自然な姿勢で重いものを持ち上げたり、ゴルフや野球などのスポーツで腰をひねった瞬間に、腰に激痛が走ることがあります。
これは一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれていますが、正式名称ではありません。
激しい腰痛の症状が出たとき、すぐに原因を明確にできないため通称「ぎっくり腰」と呼んでいますが、腰椎捻挫の場合が多いようです。
腰椎捻挫とは、背骨の一部である腰椎に無理な力がかかって、腰椎の関節包や椎間板、靭帯や筋肉などの一部が引き延ばされたり、断裂したりして起こります。腰椎捻挫になると、激しい痛みを伴うため、背筋が緊張して腰を伸ばせなくなります。その症状が重い場合は前屈みになったまま動けなくなります。
ゴルフや野球などの腰をひねるスポーツのほか、くしゃみや咳などをした瞬間に発症することもあります。
腰椎捻挫が起こりやすいのは、日頃、運動不足であったり、姿勢が悪かったり、肥満であったり、加齢による骨が老化していたり、腰に過度の負担をかけ続ける作業をしている人などです。
腰椎捻挫の治療は、安静に努めて、鎮痛剤の服用や湿布などで治療をする保存療法が取られますが、これで症状が改善されず、痛みが続いたり、下肢にしびれが発生した場合は、腰椎椎間板ヘルニアや脊椎圧迫骨折などが疑われます。
腰椎捻挫は痛みがひいてきたからといっても完治していないうちに動き出すと、再度発症して、それが慢性の腰痛へとつながる危険があります。再発リスクが高いので、痛みが軽くなってきたときには、コルセットで腰に負担を掛けないようにして、歩く練習や再発防止のための体操をしてリハビリを行います。痛みが軽くなったときには、牽引などの理学療法が効果があると言われていますので、病院、整骨院や整体院に相談をしてみましょう。
腰痛予防のための体操で再発を防ぐと同時に、腰痛を起こしやすい姿勢や動作を避けて、日常生活を送るように心がけましょう。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。