むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。特に自律神経系に症状が出た場合や首筋や背中の不快感・違和感は、その後周期的に現れ、最悪のケースでは長年に渡りその症状に悩まされることもあるようです。
交通事故後、すぐに病院に行くのはもちろんですが、数日の間に上記のような症状が出てきた場合は、むち打ちの疑いがありますので、病院や整骨院、整体院に行くことをお勧めします。

むち打ちは、事故の衝撃で首を鞭のような形にしならせることから命名されたことからもわかるように、首を痛めるケースが多いです。首を痛めるケースでも、症状はいくつか分かれています。
・肩が重い。あるいは首の筋肉に痛みがある・・・頸椎捻挫型
・肩こり、頭痛、吐き気、耳鳴りなどが起こる・・・自律神経障害型
・腕に強い痛みが起こる・・・神経根損傷型
・手足のまひ症状が出る・・・脊髄損傷型

首を痛めていないのに、吐き気やめまい、頭痛の他、腕や手のしびれなどの症状が出るケースもあります。これは、首の周囲に密集している自律神経のバランスが崩れてしまったことが原因となって発症したものです。

自律神経のバランスが崩れると、痛みに敏感になったり、吐き気やめまいなどの症状が繰り返されたりして、体調不良の悪い循環に陥ってしまうことがあります。それが進行すると、場合によっては、神経障害(知覚障害、しびれ)や聴覚障害(耳鳴り、聴力低下)、耳鼻咽喉科的障害(嚥下障害、発語困難)や平衡障害(回転性めまい、非回転性めまい)、歯科領域の障害(咬合障害、顎関節痛)、神経心理学的障害(不安神経症、注意力散漫)といった、様々な症状が現れることもあります。
症状は様々ですが、その根源はむち打ちです。軽い事故だからといって、ほうっておくと、あとで思わぬ症状が出ることがあります。事故後には必ず病院や整骨院に行って診察してもらいましょう。

東日本で交通事故治療を行っている整骨院

北海道

  • アクア治療院
  • こちら
  • 札幌市西区で交通事故の怪我の対応に実績のある整骨院はこちらです。送迎も行っており、歩行に不安のある方でも気軽に受診できるのがポイントです。


東北

  • やすらぎ整骨院
  • コチラ
  • 仙台市青葉区にある定禅寺通院は夜24時まで受付。忙しい方でも時間にゆとりをもって通えます。


関東

  • ゆい整骨院
  • こちら
  • 高田馬場駅から徒歩8分にあるこちらの整骨院はweb予約があるので自分の都合に合わせて通えます。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。