子ども連れでの通院も大丈夫?

子供連れで整骨院に通院しても大丈夫でしょうか?
出産後は、出産そのものの疲労や子育ての疲れ、骨盤のゆがみや産後の腰痛など、本来であれば、もっとも整体の必要な時期であります。実際は子供が小さいためほかの人に迷惑がかかるので、連れて行けないと考えてしまい、整体を受けることができないというのが現実です。
でも、実際はどうなのでしょうか?
今は子供連れでも大丈夫な整骨院はたくさんあります。
キッズルームを備えていたり、ベビーシッターさんが常駐していたり、あるいはお母さんといっしょに診察室に入って、お母さんの顔の見えるところで、女性スタッフがお守りをしてくれるような整骨院まであるようです。
試しにインターネットの検索ページで「整骨院 子連れ」というワードで検索してみてください。たくさんのサイトが表示されます。
今や出産後の腰痛や肩こりに悩むお母さんも、骨盤矯正を受けたいお母さんも乳幼児を連れて整骨院に行ける時代になりました。
子連れで通院できる整骨院は、たいていは予約を入れるときに、幼児を連れて行きたい旨を伝えると、診察と施術の時間を長めに取ってくれて、その間の子供のケアについても準備万端で、なおかつ診察料金はほかの人と同じ料金体系というところが多いようです。
整骨院によっては、バリアフリーでベビーカーのまま、来院が可能なところもあります。
産後、1ヶ月から6ヶ月が骨盤のゆがみ矯正の最適の時期です。この時期は育児で神経を使う時期と重なりますが、この時期にこそ幼児連れがOKな整骨院に行って、骨盤矯正をしましょう。
骨盤は、人間の上半身の体重を支えて、大切な内臓を受け止める器です。
出産時に開いた骨盤は歪みやすく、そのゆがみは下半身の血行とリンパの流れを悪くし下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。出産後でなくても、上半身に比べて脚が太いと悩んでいる方は、骨盤が歪んでいるためにそうなっている可能性が高いです。
いずれにしても、幼児がいるからという理由で、すぐにでも行きたい整骨院をあきらめるのではなく、近所の子連れOKの整骨院・整体院を探して予約してみましょう。

人気の記事

  • むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断

    むち打ち、頸椎捻挫の症状から怪我を判断
    交通事故に遭ったときになりやすい怪我といえば、一番にあげられるのがむち打ちでしょう。
    むち打ちは、頚椎捻挫とも呼ばれ、事故に遭ったその日には症状が出なくて、翌日以降に症状が表れることが多いようです。その症状は、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などで、患部を目視できる種類のものではないうえに、レントゲンやMRIでも確認できないものが大半です。
  • 出産直後に整骨院に通っても大丈夫?

    出産直後に整骨院に通っても大丈夫?
    出産直後に整骨院に通っても大丈夫でしょうか?
    妊娠から出産にかけて、女性の体はホルモンの影響で骨盤を支える靭帯がゆるくなります。
    そのため、この時期は骨盤がゆがみやすい状態なのです。しかし、産むまでは胎児がお腹にいますので、骨盤がゆがんでいたとしても仕方がありません。重要なのは出産後です。
    産前に骨盤がどんなにゆがんでいても、出産によってリセットされています。ですから、出産後は骨盤を治す絶好のチャンスです。